クラウドセキュリティポスチャーマネジメント(CSPM

クラウドセキュリティ
ポスチャーマネジメント(CSPM

マルチクラウド・インフラストラクチャにおけるセキュリティとコンプライアンスのリスクを継続的に評価、検出、修正することができます。

100%エージェントレスCSPMは、クラウドセキュリティのベストプラクティスの実施、クラウドセキュリティのインシデント対応の自動化、複数のコンプライアンス規格への準拠を支援します。

"パブリック・クラウドにおける設定ミスの99%は報告されない"

CSPMとは?

CSPMは、企業が多様なクラウド・インフラストラクチャにおけるクラウド・セキュリティ管理を自動化するためのソリューションです。CSPMは、企業のクラウド環境を継続的に監視し、セキュリティ上の問題を自動的に特定して修正します。

CARTA Driven Approach to Cloud Security

C3M Cloud Controlは、CARTA(Continuous Adaptive Risk and Trust Assessment)アプローチを基盤として採用し、お客様のクラウド環境における設定ミスや脅威を継続的に評価、検出、管理、修正します。

クラウドセキュリティの重要な課題

クラウド上に展開されたリソースを可視化するにはどうすればいいですか?
セキュリティのベスト・プラクティスに違反しているリソースとは?
クラウドのインシデント対応を自動化し、アラート疲れを回避するには?
クラウドの利用が、適用されるセキュリティ規制や基準に準拠していることを確認するにはどうすればよいですか?
脆弱性を特定し、それを修正するにはどうすればよいか?
誰が設定を変更したのか?

C3M Cloud Controlは、クラウドのセキュリティ情報を統合し、関連付けることで、クラウドの統合管理インターフェースを提供する唯一のクラウドネイティブCSPMソリューションです。

コンプリート クラウドビジビリティ

マルチクラウド上の包括的な資産インベントリ機能。クラウド上のコンピュート、ネットワーク、ストレージ、IAMコンポーネントを完全に可視化します。

ポリシー ガバナンス

C3Mのすぐに使えるCSPMポリシーを適用したり、CQLエンジンを使用してカスタムポリシーを作成したりすることで、セキュリティ要件に基づいてクラウドセキュリティポリシーを定義し、適用することができます。

レスポンス・オートメーション

C3M Playbookを介してSOAR機能を活用することで、クラウドのインシデント対応を自動化し、AWS、GCP、Azureにまたがる複数のレメディエーションをサポートできる、柔軟でカスタマイズ可能な拡張性の高いフレームワークを提供します。

コンテクストレポート

カスタマイズ可能な1回限りのレポート、または事前にスケジュールされた定義済みのレポートやサマリーレポートを作成し、経営陣に提出することで、クラウドのセキュリティ態勢の全体像を把握することができます。

問い合わせ言語

CQL(Cloud Query Language)を使用して、マルチクラウド・インフラストラクチャに関するリアルタイムのセキュリティおよび運用インテリジェンスを獲得したり、さまざまなリソースの構成を確認したりすることができます。また、CQLを使用して、企業に固有のカスタムポリシーを作成し、実施することもできます。

セキュリティ対策の概要

マルチクラウド環境におけるクラウドのセキュリティポスチャー全体、すべてのリソース、アラート、コンプライアンスの状況などを、シンプルで使いやすいダッシュボードで把握することができます。

リソース

ブログ

C3Mプレイブック

Playbooks bring Security Orchestration Automation and Response (SOAR) capabilities to the C3M Cloud Control Platform. It helps streamline the security operations via a flexible, customizable,

Read More "